海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!
海外FXのNDD方式を解説

海外FXのNDD方式を徹底解説します!

FX取引には、DD方式とNDD方式の2つの取引方式があります。

FX取引を提供しているFX業者のうち、国内FXでは主にDD方式を、海外FXでは主にNDD方式を採用しています。

海外FX取引で安定して利益を獲得していくためには、NDD方式がどのような方式であり、トレーダーにとってどのようなメリットとデメリットがあるのかを理解することが大切です。

波川成子先生成子先生
NDD方式とは何かを理解すると、DD方式がメインの国内FX業者でトレードするのが損だと感じるようになりますよ。

海外FX完全ガイドでは、海外FXトレード初心者のためにさまざまな知識を分かりやすく解説しています。

関連記事

FX(外国為替証拠金取引)は、少ない資金ではじめられることに加え、24時間いつでも手軽に取引ができることから人気が高い投資です。FX取引を提供しているFX業者は「国内」と「海外」に大きく分かれ、それぞれに特徴やメリット・デメ[…]

FXの基礎知識

NDD方式(Non Dealing Desk)とは

海外FX業者が採用しているNDD方式とは、ノンディーリングデスク(Non Dealing Desk)の頭文字をとった名称で、トレーダーからの注文を直接インターバンクに流す注文方式です。

NDD方式とは

FXトレードでは、世界中のトレーダーたちが為替相場のチャートを見ながら売買を繰り返して、売り買いの差額によって生じる利益(売買差益)を上げています。

安く買って高く売ったり、高く売って安く買ったり、チャートの動きを正しく予想することができれば、上下のどちらに動いてもトレーダーは利益を上げることができます。

しかし、実は世界のトレーダーが見ている為替相場のチャートはすべてが同じものではありません。

世界の為替市場の中心にはインターバンクと呼ばれる大きな市場があり、この市場には個人トレーダーだけでなく、民間銀行や中央銀行、機関投資家、証券会社、保険会社などの大小さまざまな個人や組織が参加しています。

NDD方式の取引の流れ

NDD方式とは、このインターバンクへと直接アクセスして取引を行うことを指しています。

波川成子先生成子先生
NDD方式ではディーラーを介さずにインターバンクで取引ができますので、トレーダーが注文から売買のプロセスを確認できる透明性の高い取引が可能になります。
牛山ブル男ブル男
築地のような中央市場に行って、業者(魚屋さん)が仕入れているのと同じ価格で為替の売買ができるっていうことかな?
波川成子先生成子先生
そうそう!さすがブル男くん、理解が早い!
熊野ベア助熊野
でも、NDD方式を採用している場合、いったい海外FX業者ってどうやって儲けているんだろう・・・
波川成子先生成子先生
そうね。さすが熊野さんは細かなことに良く気付くわね。NDD方式を採用しているFX業者では、スプレッドと手数料という2つの方法でトレーダーから収益を得ているのよ。

NDD方式を採用しているFX業者は、トレーダーがFX取引で収益を上げれば上げるほど、取引量が増えれば増えるほど、多くの手数料が得られる仕組みになっています。

つまり、FX業者とトレーダーは運命共同体のような関係になり、どちらもFXで利益を上げることを目的として同じ方向を向いている状態です。

DD方式(Dealing Desk)とは

海外FX業者がNDD方式をメインとしているのに対して、国内FX業者で採用されているのがDD方式と呼ばれるものです。ディーリングデスク(Dealing Desk)の頭文字をとっています。

DD方式では、トレーダーが出した注文をディーラー(FX業者)が受け取ってから、ディーラーがインターバンクに対して注文を出すという流れになります。

このFX業者のなかにあるインターバンクに対して注文を出す役割が、ディーリングデスクです。

DD方式の取引の流れ

さきほどのNDD方式の図とは異なり、トレーダーとインターバンクの間にディーラー(FX業者)が入っていることが分かります。

DD方式のポイントは、トレーダーから注文が入ったときにインターバンクへの注文を行うかどうかはディーリングデスクが決めるということです。

つまり、トレーダーとFX業者FX業者とインターバンクの取引は、それぞれに独立していて直接的な関係は一切ありません。

波川成子先生成子先生
DD方式の場合には、トレーダーはディーラー(FX業者)と為替の売買をしています。
牛山ブル男ブル男
このDD方式だと、トレーダーは業者(魚屋さん)に注文をして、業者が中央市場で魚を買い付けてから売ってくれるという仕組みだね。
波川成子先生成子先生
ちょっと違うわね。魚屋さんは中央市場で買ってくるかもしれないし、お店に置いてある魚を売るかもしれないし、ほとんど魚屋さんにお任せのスタイルになるの。
熊野ベア助熊野
DD方式だと、FX業者はインターバンクで安く買ったものを、できるだけ高い価格でトレーダーに売りつけた方が儲かる仕組みなんだな。
波川成子先生成子先生
はい、その通り。実際にインターバンクで取引されている価格をトレーダーは見ることができないので、高く買ってしまったり、安く売ってしまったりする可能性が高いのがDD方式よ。

DD方式では、トレーダーとディーラーの関係が「利益相反」になってしまいます。トレーダーが負けるとFX業者の利益になり、トレーダーが勝つとFX業者が損失を受けることになります。

DD方式を採用している業者では、スプレッドが狭いことや、手数料が低く設定されていることを宣伝していることが多いですが、インターバンクの価格を見ることができないため実際の為替相場とはチャートの動きが異なる可能性があります。

NDD方式には2種類の方式(STP方式、ECN方式)がある

NDD方式はインターバンクへと売買注文を伝える方法の違いによって、さらに2つの種類に分けることができます。

・STP方式 (Straight Through Processing)
・ECN方式 (Electronic Communications Network)

STP方式とECN方式の違いやメリットとデメリットについて詳しく解説します。

STP方式 (Straight Through Processing)とは

STP方式とは、ストレートスループロセッシング(Straight Through Processing)の頭文字をとったもので、FX業者がトレーダーから受けた注文を、そのまま他のFX会社や銀行などのカバー先に流す方式です。

STP方式の取引の流れ

FX業者ではトレーダーから受け取った注文を、即座にそのままカバー先へと伝達します。

ストレートスループロセッシングとは「真っすぐそのまま引き継ぐ」という意味で、FX業者では注文内容による個別の判断を一切せず、カバー先へと情報を伝える役割しかしません。

図として表すとカバー先の存在感が大きいように見えますが、カバー先はインターバンクでの買い付けを事務的に行うのみです。

カバー先とは、インターバンクでの売買をすることができる金融機関(銀行や証券会社など)のことをいいます。

STP方式を採用しているFX業者ではそれぞれ、いくつかのカバー先と提携を行って為替の売買をしています。

このような形態のSTP方式には、次のようなメリットとデメリットがあります。

・最大レバレッジで取引可能
・売買手数料が無料あるいは格安
・少ない資金で取引が可能
・注文拒否(リクオート)がある

人気の高い海外FX業者である「XM」の具体例をまじえながら、ひとつずつ詳しく解説していきます。

波川成子先生成子先生
XMでは、スタンダード口座とマイクロ口座の2つがSTP方式を採用した取引口座です。口座開設時には間違わないようにしてください。
関連記事

日本人トレーダーにも人気の海外FX業者「XM」のオンライン新規口座開設の手続きはたった5分程度で完了し、口座開設をするだけで「3000円の口座開設ボーナス」を受け取ることができます。海外FX完全ガイドでは、初心者の方でも安心してXM[…]

XM新規口座開設完全マニュアル

最大レバレッジで取引可能

海外FX業者のウェブサイトに大きく表示されている「最大レバレッジ〇〇〇倍」といった記載は、基本的にはSTP方式の取引口座でのレバレッジ倍率を示しています。

大きな倍率のレバレッジでの取引は海外FXトレードの醍醐味です。

波川成子先生成子先生
XMでも「最大レバレッジ888倍」という記載がされており、やはりSTP方式であるスタンダード口座とマイクロ口座に適用されている倍率です。

売買手数料が無料あるいは格安

STP方式を採用しているFX業者は、カバー先が提示しているレートにスプレッドを上乗せしてトレーダーへ提示しています。

このため、スプレッドで収益を上げられるFX業者では、売買手数料が無料あるいは限りなく無料に近い金額に設定しており、トレーダーは手数料を気にすることなくFX取引を行うことができます。

波川成子先生成子先生
XMのスタンダード口座とマイクロ口座では、取引手数料は無料です。

最低入金額や最低取引通貨が少ない

STP方式では一般的に最低入金額や最低取引通貨量が低く設定されており、少ない投資資金で取引をはじめることができます。

波川成子先生成子先生
XMでは、最低入金額が500円最低取引通貨量が10通貨です。

注文拒否(リクオート)がある

STP方式の弱点のひとつが、注文拒否(リクオート)が発生することです。

インターバンクでの直接的な取引であるため、相場が急激に変更している状況などでは売買のマッチングが上手く行えず、注文が拒否せざるを得ない状況が発生します。

波川成子先生成子先生
XMではSTP方式の取引口座(スタンダード口座とマイクロ口座)であっても、リクオートが非常に少ない(ほぼ無い)ことが人気の理由のひとつです。
XMリアル口座の新規開設
今ならもれなく開設ボーナス3000円を獲得
XMデモ口座の新規開設
10万ドルのおためしデモ取引

ECN方式(Electronic Communications Network)とは

ECN方式とは、エレクトリックコミュニケーションズネットワーク(Electronic Communications Network)の頭文字を取ったもので、ECNという「電子取引所」を利用した注文方式です。

ECN方式の取引の流れ

トレーダーによる注文はECNへと直接送られ、そのまま為替の売買が行われます。

STP方式よりもディーラーの介入が少なく、ECNでのオークション形式によって売買が成立するため、より純粋でシンプルなNDD方式であると言えます。

・オークション形式の取引方法
・板情報で値動きが予想できる
・取引ごとに手数料が発生
・取引の初回入金額や最低取引通貨量が多い
・リクオートがない
波川成子先生成子先生
XMでは、Zero口座がECN方式を採用した取引口座です。普段はスタンダード口座を利用している方でも、複数口座を作成してZero口座の取引を行うことも可能です。

それでは、ECN方式の特徴とメリットやデメリットについて詳しく解説します。

オークション形式の取引方法

ECNのマーケットには、個人トレーダーだけではなく証券会社、銀行などの金融機関や機関投資家も取引に参加しており、参加者同士が「買値」「売値」を提示し、価格が合致したときに売買が成立するオークション形式の取引をしています。

STP方式と比較しても圧倒的に透明性の高いFXトレードが実現しています。

波川成子先生成子先生
おなじNDD方式でも、STP方式とECN方式は全くの別物ですね。

板情報で値動きが予想できる

ECN方式では、どの値段で売買注文がどのくらい出ているかが分かる板情報を見ながら取引をすることができます。

プロの機関投資家を含めたトレーダーたちの注文状況を確認できるため、為替相場の値動きがどのように動くのかを予想するための参考になります。

波川成子先生成子先生
残念ながらXMでは、Zero口座であっても板情報を公開していません。

取引ごとに手数料が発生

ECN方式を採用しているFX業者は、STP方式のように為替レートに対してスプレッドを上乗せしていないものの、売買取引ごとの手数料が発生します。

波川成子先生成子先生
XMでは「片道5ドル」の売買手数料が発生するため、ポジションを持ってから決済するまでに往復で10ドルの手数料がかかります。

取引の初回入金額や最低取引通貨量が多い

ECN方式を採用しているFX業者では、初回入金額や最低取引通貨量が高めに設定されているため、取引を行うにはある程度の資金が必要です。

波川成子先生成子先生
XMでは、初回の最低入金額が20万円最低取引通貨量が1,000通貨に設定されています。

リクオートがない

ECN方式ではFX業者が介入することがなく市場の参加者同士で売買取引が成立するため、売買成立までに時間がかかることはありますが、注文拒否(リクオート)は発生しません。

ただし、チャートが大きく動いている時には、指した価格から現在値が大きく乖離して売買が成立しない可能性はあります。

波川成子先生成子先生
XMでは、STP方式であってもリクオートがほとんど発生しませんので、スタンダード口座やマイクロ口座でも、Zero口座と大差がありません。
XMリアル口座の新規開設
今ならもれなく開設ボーナス3000円を獲得
XMデモ口座の新規開設
10万ドルのおためしデモ取引

偽物に注意!NDD方式のabookとbbookとは

NDD方式を採用していると表明している海外FX業者のなかには、実際にはインターバンクでの売買を行っていない「偽物のNDD方式(bbook)」である業者があります。

波川成子先生成子先生
とても悪質な行為なのですが、外部から見極めることは極めて困難です。

abookとbbookとは

ごく簡単に説明すると、abookは「正直なNDD方式」で、bbookは「偽物のNDD方式」です。

NDD方式では本来、FX業者はインターバンクへとトレーダーの注文を流しますが、bbookと呼ばれる悪質な業者の場合にはインターバンクへと注文を流さずに注文を「呑む」ことがあります。

注文を「呑む」とは、DD方式でFX業者が行っている行為のことで、インターバンクに流さずにトレーダーとFX業者の間だけで取引を完結させてしまうことを指しています。

bbookの取引の流れ

NDD方式であることに魅力を感じて海外FX業者を使っているトレーダーの立場から見ると、このようなbbookのFX業者は限りなく詐欺に近い行為をしていると言えます。

熊野ベア助熊野
こういう悪質な業者がいるから海外FXをはじめるのが怖いんですよね・・・
波川成子先生成子先生
海外FX完全ガイドでは、XMをはじめとしてabookの信頼できる業者だけを厳選して紹介していますから、安心して海外FXに挑戦していただけますよ!

海外FXで採用されているNDD方式まとめ

FX業者の注文方式の違いによる分類であるDD方式とNDD方式、さらにはNDD方式のなかでもSTP方式とECN方式について詳しく解説しました。

NDD方式まとめ

日本のFX業者が主に採用しているDD方式は、インターバンクへの接続がされず、トレーダーとFX業者の間で取引が行われる形式です。

DD方式では、金融のプロであるFX業者との競合関係になるため、利益を出すことが非常に難しい状態になります。

海外FX業者が採用しているNDD方式では、金融機関や証券会社なども参加するインターバンクで売買を行うため、透明性が高く、市場価格と乖離した価格設定やスプレッドの影響を受けることがありません。

NDD方式では、トレーダーが収益を上げて取引を繰り返すことがFX業者の収益に直結するため、FX業者とは運命共同体の共存関係が成立しており、利益が出しやすい環境が提供されます。

また、NDD方式のなかには、STP方式とECN方式があり、それぞれインターバンクへと直接注文が行われますが、STP方式では手数料が無料でスプレッドが大きくECN方式ではスプレッドは狭く手数料が大きいという違いがあります。

XMでは、STP方式のスタンダード口座とマイクロ口座ECN方式のZero口座がありますので、投資資金の金額やトレードスタイルに応じて、口座を開設してください。

XMリアル口座の新規開設
今ならもれなく開設ボーナス3000円を獲得
XMデモ口座の新規開設
10万ドルのおためしデモ取引
海外FXのNDD方式を解説
最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!

CTR IMG