海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!

EA(自動売買プログラム)とはなにか。そのメリットは?

XM

「多くのトレーダーがEAを使っているらしいけど、EAって何?」

「EAは通常のトレードと何が違って、どんな特徴があるの?」

など、FXのEAについて疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、EAの内容や特徴、メリット・デメリットや注意点などについて紹介しています。

この記事を読むことでEAへの理解が深まり、多くの利益が出せるようになる可能性があるため、参考にしてください。

目次

EA(自動売買プログラム)とは

まずは、EAの基本的内容や仕組みについて確認をしていきましょう。

これからFXを始める方にとっても、EAは決して難しいものではありません。

EAとは「自動売買プログラム」を指す

EAとはExpert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略で、自動売買プログラムのことです。EAを選んで利用することで、エントリーや決済をすべて自動で行うことができます。

FX取引は、相場分析をしてタイミングを見計らい売買するというイメージがあって難しく感じるかもしれませんが、EAを使って自動売買で利益を得ているトレーダーは少なくありません。

EAの仕組み

EAだけで自動売買ができるわけではありません。EAはあくまでもプログラムであり、ソフトの役割です。EAを利用するには、プラットフォームであるMT4(Meta Trader4)などが必要になります。

EAを利用したい場合は、MT4などのプラットフォームも準備し、取引を開始するようにしましょう。

裁量トレードではなくシステムトレード

EAを利用する自動売買は、システムトレードと呼ばれます。一方、自動売買ではなく、自分自身で分析や売買を行うことは裁量トレードと呼ばれています。

裁量トレードの場合はファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を行い、相場動向を予測したうえで、エントリー・決済をします。

システムトレードの場合は、自分自身で分析や売買判断をしなくても、プログラムがすべて自動で行ってくれるのが特徴です。

システムトレードであるEAのメリット・デメリットなどについても理解をしておきましょう。

EAを利用するメリット

EAを利用してFX取引をすることには、さまざまなメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか知っておけば、EAの利用判断がしやすくなり、より効果的に使うことが可能です。

ここでは、EAの主なメリットについて見ていきましょう。

パソコンの前に張り付く必要がない

EAのメリットの1つが、パソコンに張り付いて取引をする必要がないことです。

スキャルピングやデイトレードなど短期トレードをする場合、相場分析やエントリータイミング掴むためにパソコンの前に長時間張り付くことになります。

FXを本業としている人はいいですが、サラリーマンや主婦の方はそのような時間はありません。

EAを利用すれば、自動で売買をしてくれるため、パソコンの前に張り付く時間がなくても大丈夫です。

EAを利用することで、仕事や家事が忙しい方でも安心してFX取引を始めることができます。

仕事中、就寝中もチャンスを逃さない

FXは平日24時間市場が開いており、常に相場が動いています。相場をチェックできている時間帯であれば変動に対応できますが、仕事中や就寝中などチェックできない時間は対応することができません。

そのため、大きな利益を狙えるチャンスがあったとしても逃してしまいます。

しかし、EAは24時間いつでも稼働しているため、仕事中や就寝中であっても自動で売買してくれます。相場をチェックできていなくても、チャンスを逃さず対応が可能です。効率よく利益を狙うことができます。

相場分析に自信がない初心者でも安心

EAを利用するメリットの1つが、テクニカル分析に自信がない初心者でも安心して取引ができることです。

FXで稼ぐには相場分析をして今後の動向を予測する必要があります。今後、通貨高・通貨安どちらに動くか予測ができれば、高い確率で利益を得ることが可能です。

しかし、FX経験の浅い初心者は相場分析に自信が持てないものです。

EAを利用すれば、相場動向を自動で分析して取引をしてくれます。

そのため、ストキャスティクスやボリンジャーバンド、MACD、RSI、一目均衡表、パラボリック、ヒストリカルなど、テクニカル指標の内容や使い方がわからなかったとしても、問題ありません。

相場分析に自信がない方でも、自動で分析・取引を行うEAであれば安心です。

感情に左右されず機械的にエントリー・決済が可能

EAを利用するメリットは、感情に左右されずに取引ができることです。

FX取引は、感情に左右されると大きな損失を負う可能性があります。

「今は下落しているけど、きっとこの後は上昇するはず」

「さっきの負け分を取り戻さないといけないので、もっと上昇するまで待つ」

など、感情に左右されると冷静な判断ができなくなってしまいます。

FXで長期的に利益を出し続けるためには、「●●銭上がったら利確する」「▲▲pips下がったら損切りする」など、感情に左右されず機械的に取引をしていくことが大事です。

EAであれば、トレーダーの感情が入る余地がなく、すべてプログラム内で決められたルールでエントリーや決済が行われます。

プロトレーダーなどが考案したプログラムで取引できる

EAのプログラムは、プロトレーダーや元ファンドマネージャー、学者、投資家など、投資のプロが考案したものばかりです。

そのため、非常に精度の高い内容となっており、相場状況にマッチするEAを選択できれば多くの利益が期待できます。

つまり、FX初心者であっても、プロが生み出した優秀なプログラムを使って取引ができるということです。

プロが考案したプログラムの取引を見ることで、自分の勉強にもなります。

EAを利用するデメリット

EAを利用するメリットだけでなく、デメリットについても把握しておくことが大事です。

デメリットを知っていることでリスク管理もしやすくなります。

ここでは、EAの主なデメリットについて一つひとつ見ていきましょう。

プログラムによって得意・不得意な相場がある

非常に多くのEAが存在しており、それぞれで特徴が異なります。

たとえば、トレンド相場を得意とするEAもあれば、レンジ相場を得意するものもあります。上昇トレンドを得意するEAもあれば、下降トレンドを不得意とするEAもあるなど、実際にはもっと細かな得意・不得意に分かれています。

EAの得意な相場では最大限効果を期待できますが、不得意な相場では利益どころか大きな損失を負う可能性があります。

どんなに優秀な成績のEAでも、すべての相場に対応できるわけではないこと、各EAで得意・不得意な相場があることを理解したうえで利用することが大事です。

突然の出来事に柔軟な対応ができない

EAは、事前に設定されたルール通りに動くようになっています。そのため、ルール設定時に想定した相場変動であればエントリーや決済など対処することが可能です。

しかし、雇用統計などの重要指標や政策金利発表前後、大統領など要人の発言、地政学リスクなど、突然相場に大きな影響を与える出来事が発生し、相場が急騰・急落した場合は対応ができません。

裁量トレードであれば、リアルタイムの相場状況に合わせて臨機応変に対応ができますが、EAであれば特定の相場状況でしか上手く対応できないことがデメリットです。

場合によっては大きな損失を負ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

バックテストは保証されたものではない

EAを利用する際は、必ずしもバックテスト通りの結果が出るとは限らないことを理解しておく必要があります。

バックテストとは、それぞれのEAがどれくらい損益や勝率を出しているのか成績を確認することです。

しかし、過去の成績が良かったからといって、今後も良いとは限りません。どんなにこれまでの成績が良いEAでも、相場状況に合っていなければ大負けする可能性があります。

バックテストはあくまでもEAを選ぶ際の参考の1つとして考えるようにしましょう。結果を保証するものではありません。

プログラムの数が多くどれを選んでいいのかわからない

EAは非常に多く存在しています。対応する数はFX業者によって異なりますが、数千ものEAの中から利用するものを選ばないといけない場合もあります。

数百〜数千もの種類の中から、相場状況に合ったEAを選ぶのは簡単なことではありません。数十種類の場合でも難しいものです。

どのようなEAが適切かどうか、しっかりと見極めることができないと、自動売買とはいえ利益を出すことはできません。

また、EAを選ぶためには相場状況を把握する必要もあるため、最低限の知識は必要になってきます。

定期的にプログラムの入れ替えが必要

EAは、相場状況に合ったものを選択しないと利益を出すことが難しくなります。

相場は常に同じような動きをするわけではありません。主要経済指標や政策金利発表、要人発言などによって相場の流れが一気に変わることはよくあることです。

なかには、EAの入れ替えも自動で行うFX業者がありますが、基本的には定期的にプログラムを入れ替えする必要があります。

効果的に入れ替えをするためにも、定期的な相場チェックなどは必要です。

勝てるEAを選ぶ際のポイント

FXの自動売買で良い成績を出すには、良いEA、かつ相場に合ったEAを選ぶことが大事です。そうすれば、効果的に利益を出せる可能性があります。

ここでは、勝てるEAを選ぶ際のポイントについて紹介していますので、EAを選ぶ際の参考にしてください。

グラフが右肩上がり

勝てるEAを選ぶ際のポイントの1つが、損益グラフが右肩上がりになっていることです。損益グラフが右肩上がりということは、安定した利益を出し続けていることを示します。

EAの損益グラフはバックテストの結果を表したものであり、

・順調に右肩上がりになっているか

・グラフが急に下がっている時期はないか

・横ばいや下降気味になりかけていないか

などを確認するようにしましょう。

グラフをチェックする際は、短期ではなく中期〜長期を対象とすることをおすすめします。短期間では、わずかなことでグラフが大きく反応するため、あまり参考にはなりません。

勝てるEAを探す場合は、損益グラフが右肩上がりのものを選択しましょう。

これまでの取引回数が少なすぎないもの

EAを選ぶ際は、これまでの取引回数が少なすぎないものを選ぶようにしましょう。

なぜなら、EAによってはわざと取引回数を少なく設定して、バックテストの結果をよく見せているものもあるためです。

取引回数が少ないバックテストはあまり参考になりません。1つの目安として、これまでの総取引回数が1,000回を超えているEAの中から探すようにするといいでしょう。

EAを選ぶ際は、これまでの取引回数にも注目をしてください。

最大ドローダウンに気をつける

勝てるEAを選びたい場合は、最大ドローダウンにも注目をしましょう。

最大ドローダウンとは、これまでに1番大負けしたときの金額が、証拠金に対してどれくらいの割合だったかを表したものです。

仮に証拠金が最高100万円で最高損失額が40万円だった場合、最大ドローダウンは40%となり、「最悪の場合、証拠金の40%なくなるかもしれない」という参考指標として見ることができます。

そのため、最大ドローダウンができるだけ小さいEAを選ぶようにしましょう。

最大ドローダウンが小さいということは、大きな損失を負うリスクがそれほど高くないということです。

また、最近、最大ドローダウンが更新されていないかも確認したい点です。「更新=過去最大の負け」ということなので、最近の成績が下降気味と考えることができます。

EAを選ぶ際は、最大ドローダウンが小さいものがおすすめです。

プロフィットファクタは1.00だと収支±0

EAを選ぶときは、利益と損益の比率であるプロフィットファクタにも注目しましょう。プロフィットファクタが1.00だと、収支は±0となるため、できるだけ1よりも高いものが良いです。

EAの中にはプロフィットファクタが2.0程度のものもありますので、1.0を超えるものから選ぶようにしましょう。

勝率はそれほど重要視しすぎない

EAを選ぶ際に、勝率を気にしてしまうこともわかりますが、勝率は他の項目に比べそれほど重要ではありません。

なぜなら、「勝率が高い=多くの利益を出せる」とはならないためです。

FXをしていればわかりますが、どれだけ勝率が高くても毎回の取引が利小損大であれば、結局は損失の方が上回ってしまいます。

逆に、勝率が低くても損小利大の取引であれば、少ない勝数で利益の方が上回ることも可能です。

勝率も大事な要素ではありますが、EAを選ぶ際はあまり気にしすぎない方がいいでしょう。

直近の成績がプラス

EAを選ぶ際は、直近の成績がプラスになっているものを選ぶようにしましょう。以下に過去の成績が好調であっても、直近の成績がマイナスだと良い結果が出ない可能性があります。

最低でも直近10取引の合計でプラスになっているものをおすすめします。

EAを利用する際の注意点

EAを利用する際には、気をつけるべき点もあります。

注意点を把握したうえで利用しないと、大きな損失を負うリスクもあるため、ここで紹介する注意点は必ず確認しておきましょう。

優秀なEAでも必ず勝てるわけではない

勝てるEAを選ぶ際のポイントを紹介しましたが、どれだけ優秀なEAを選べたとしても必ず稼げるわけではありません。

これは、自動売買に限ったことではありませんし、他の投資にもいえることですが、「100%勝てる」「100%稼げる」システムなどないのです。プロトレーダーであっても利益だけでなく、損失も負います。

そのため、慎重に相場分析を行い、EAを選んだとしても安心してはいけません。

相場は常に変動し、先の予測が難しいからこそ、その都度状況を確認してEAを入れ替えるなど継続的な対処が必要です。

詐欺的なツールに注意

「この自動売買ツールを使えば必ず儲かります!」「勝率100%でプロが愛用しているEAを特別価格でご案内!」など、必ず儲かるなどと称して、詐欺的なツール・EAを販売しているサイトもあります。

このようなサイトは悪質な業者が運営しており、高額で商品を買わされてしまうため注意してください。

必ず儲かるなど謳っている業者・サイトには十分注意しましょう。

EAは自分でも作れるが、プログラミングスキルが必要

EAを生み出せるのは、ファンドマネージャーやプロトレーダーなど、プロの投資家だけではありません。自分自身で作ることも可能です。

「いろいろなEAを見たけど、どれもしっくりこない」という場合は、自分の思い通りに売買をするプログラムを作れます。

自分自身で作れば、24時間自分の手法で取引してくれるため、負けてもそれほど後悔がないでしょう。

ただし、EAは自分でも作れますが、プログラミングスキルが必要です。

また、プログラミングスキルがあっても、FXの知識・ノウハウがなければ良いEAは作れません。

そのため、EAを自分で作りたいと考えても、プログラミングスキルとFXの知識・ノウハウがなければ実現は難しいことを理解しておきましょう。

EAは海外FX業者との相性が良い

EAを使ったFXトレードは特にXMなどの海外FX会社との相性が良いです。その理由は導入のしやすさと、海外FXならではのハイレバレッジにあります。

MT4にはすぐEAを導入できる

XMでトレードをする時にはMT4やMT5という専用のツールが必要です。これらのツールではEAの導入が非常に容易になっており、プログラムさえあればすぐにFXンp磁土取引を開始できます。

国内のFX会社ではEAに対応していない会社もあり、せっかくのEAも宝の持ち腐れになってしまうことがあるのです。海外のFX業者はXM以外にもEAを使える会社がたくさんあります。

海外FX業者でFXを始めるときは、ぜひEAの導入を検討してみましょう。

海外FXのハイレバレッジという特徴をEAなら活かせる

海外FX業者の最大のメリットは日本のFX会社ではできない、数百倍のハイレバレッジ闘志ができる点です。

しかし人間がこれほどのハイレバレッジで投資しようとしても、冷静な判断ができずに損失を出してしまうケースが多いのです。

EAであれば、その取引に勘定が介在することはありません。相場の変動を監視し、設定されたプログラムによって粛々と取引を繰り返していくだけです。

それだけに人間はハイレバレッジで投資するよりも、EAがハイレバレッジで投資するほうが勝率が高くなりやすいのです。

絶好のハイレバレッジの相場を見逃すこともなく、24時間運用してくれるEAは、海外XMでこそそのパフォーマンスを発揮できます。

まとめ

今回は、EAの内容や特徴、メリット・デメリットや注意点などについて紹介いたしました。

EAとMT4などを利用すれば、24時間いつでも利益が狙える自動売買が可能です。プロが作ったプログラムで売買ができるので、初心者でもプロ並みの成果を出すこともできます。

ただし、EAでも必ず稼げるとは限りませんので、定期的なチェックやリスク管理は必須です。

また常に最新のEAに関するチェックも怠らないようにしましょう。

 

裁量トレードに自信がない方や、仕事等で忙しく相場の監視ができない方は、ぜひここで紹介した内容を参考にして、自動売買を始めてみましょう。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!