海外FX歴12年の筆者がおすすめのFX会社や口座開設方法・メリットデメリットについて徹底分析!

海外FX人気No.1のXM口座開設前に知っておきたい9つのポイント

  • 2019年7月29日
  • XM
  • 27view
XM

FXを始めたいと思ったとき、国内FX業者は最低入金額が多いから海外FX口座を開設したいという方もいるでしょう。またMT4を使ってFXに挑戦したいという方も多いでしょう。そうした時にまず名前が挙がるのがXMです。XMは海外FX口座でありがちな出金トラブルのうわさがありませんし、日本人ユーザーも多いため、日本語での対応もしっかりとしてくれます。

それではすぐにXM口座を開設したいと思うかもしれませんが、口座開設をする前に知っておくべき9つのポイントがあります。この記事ではXM口座を開設する前に知っておくべきポイントを9つ紹介しますので、それらもよく理解した上で口座を開設するようにしましょう。

目次

1 XMでリアル口座開設後の特典ボーナス

XMでリアル口座を開設するとさまざまな特典ボーナスがあります。ここではそのボーナスを3つ紹介します。

取引ボーナス3000円

XMでは新規のお客様を対象に3000円の取引ボーナスが支払われます。こちらはクレジットですので、出金はできませんが、この資金を元手に稼いだ額については出金できます。FXを試しにやってみようという方は入金することなく、FXに挑戦することができます。

XMTRADINGボーナスプログラム

XMでは入金額の100%(最大500ドル)+20%(最大4500ドル)という2段階ボーナスを実施しています。合計すると最大5000ドルもボーナスがつくのは大変魅力出来ですね。こちらも3000円のボーナースと同様出金はできませんが、こちらを元に稼いだ利益に関しては出金することができます。

ただしこちらは5ドルかからの入金に適用され、XM Zero口座は、入金ボーナスの対象外になりますので、注意が必要です。XMZero口座については後述しますが、どの口座を選ぶとボーナスがつくのか事前に確認しておきましょう。

XMTRADINGロイヤルティプログラム

XMでは取引期間に応じでロイヤルティーステータスが以下のように変化していきます。ステージが上がるにつれてワンロットあたりのXMポイントが高くなります。

ここで得たXMポイントはボーナスポイント(XMポイント÷3)に換金できます。そのボーナスポイントを取引に使うことができます。こちらも出金はできませんので注意しましょう。また利益分を出金するとボーナスポイントも以下のように消失することを覚えておいてください。

2 XMで口座開設する際にオススメの口座タイプは?

XMで開くことができる口座はマイクロ口座、スタンダード口座、XM Zero口座の3つです。ここではそれぞれの口座の特徴を説明します。

マイクロ口座

マイクロ口座はワンロットが1000通貨と少額での取引が可能になります。さらにMT4であれば最低取引単位が0.01ロットなので、10通貨での取引が可能だと言えます。そのため初心者が試しにFXをやってみようという場合には大変おすすめです。

ワンロットは1000通貨ですが100ロットまでひとつの取引で持つことができ、レバレッジも888倍までかけることができますので、FXに慣れてきて、少しロット数を上げて勝負したいという方にもお勧めです。最低入金額は5ドルです。

スタンダード口座

スタンダード口座はマイクロ口座のワンロットあたりの通貨数が高くなった口座です。ワンロットあたり100000通貨になります。ただしこちらも最小取引単位が0.01ロットなので、1000通貨から取引ができます。ある程度の資金がある場合は、マイクロ口座ではなくスタンダード口座での口座開設がおすすめです。最低入金額は5ドルと小額からの取引もできます。

スタンダート口座であれはひとつの取引で50ロット、つまりは5,000,000通貨までポジションを持つことが可能です。最初からこのような取引ができる方は少ないかもしれませんが、勝ち続けることで、こうしたポジションを持って取引をする可能性も考えられます。また、レバレッジも888倍までかけることができますし、ポジションも200ポジションまで持つことが可能です。

XM Zero口座

これまで紹介したマイクロ口座とスタンダード口座はワンロットあたりの通貨数が違うだけでしたが、XM Zero口座はスプレットを狭くする代わりに、取引手数料を取るという口座です。取引手数料は10万通貨あたり10通貨なのでおよそ1pipsの手数料がかかります。

その代わりスプレットは限りなくゼロに近いので、取引が多い人にはお得になるはずです。ただし、レバレッジは500倍までになります。そもそも500倍でも十分高いので、こちらは特に問題ないと思いますが、取引ボーナスがもらえないというデメリットがあります。スキャルピングなどで特に取引が多くないのであれば、スタンダード口座の方が分かりやすくお勧めです。

3 XMの口座開設可能な時間帯

XMの口座開設は平日の5日間です。ただし口座開設自体はそれ以外の時間でもすぐにできます。口座の有効化に関してはサポート時間内でないと時間がかかります。後述しますが、口座有効化には書類が必要ですので、その審査に対応できるのがサポート時間内になるようです。

4 XMの口座開設時に必要な書類は?

口座開設には書類は必要ありませんが、口座を有効化するときには書類が必要になります。口座登録が完了しても口座有効化をしなければ取引をすることができません。口座有効化には身分証明書と住所確認書が必要になります。ここではそれぞれどのような書類になるのか説明します。

身分証明書として提出できるもの

身分証明書として提出できるのは以下のものです。この中から1点提出します。

  • 運転免許証(表裏)
  • 有効なパスポート
  • IDカード
  • 公的な身分証明書

これらの身分証明書は「名前(フルネーム)、発行日または有効期限、自身の出生地と生年月日または納税番号と、本人の署名」が分かれば大丈夫です。他の海外FX口座ではマイナンバーを提出するところもありますが、XMでは必要ありません。免許証がもっとも提出しやすいと思いますので、カメラで撮ってホームページからアップしましょう。

住所確認書として提出できるもの

住所確認書として提出できるものは以下のものです。以下のものはすべて6か月以内の日付が記載されているものである必要があります

  • 電気・ガス・水道の取引明細
  • 電話の取引明細
  • ガソリンの取引明細
  • インターネットまたはケーブルテレビの取引明細
  • 銀行口座の取引明細
  • クレジットカードの取引明細民票
  • 有効な運転免許証(住所変更で裏面に記載がある場合は裏面も提出)
  • 有効な健康保険証(住所が裏面、手書きの場合は受付不可)

写真がうまく写っておらず何度もやり直しをしないといけないことがありますので、住所の部分がしっかりと写るように写真に撮ってアップしてください。

5 リアル口座開設後にメールが来ない時の“5つ”の確認

口座を開設したのにメールが来ないと思い、すぐにもう一度口座開設をする前に、次の5つの確認をしてみましょう。

入力したメールアドレスが間違っていた

メールアドレスが間違っていればメールは届きません。念のためにサポートセンターに連絡してみましょう。

迷惑メールフォルダーにあった

メールが届かないときにまず確認しなければいけないのが、迷惑メールフォルダーです。メールがスパム扱いされて迷惑メールフォルダーに入る場合もありますので注意しましょう。

過去に口座凍結されたアドレスを使用している

過去に何らかの原因で口座凍結された際に使っていたメールアドレスは使用できなくなっています。別のメールアドレスを登録するようにしましょう。

Gmailなどでは違う受信フォルダーに自動で振り分けられている場合がある

Gmailは受信フォルダー以外にもメールが入っていないのか確認してみましょう。

メールの受信容量がオーバーしている

メールの受信容量がオーバーしている場合はメールが受信できません。受信フォルダーのメールを削除するか、サーバーのメール容量を増やすなどの対策をしてみましょう。メール削除が一番早いので、まずそちらを行ってみましょう。

6 XMで口座を複数開設するメリット

XM口座を一つ開設すればそれで取引がスタートできます。それは間違いなのですが、XMでは複数口座を開設することができます。XMで複数口座を持つメリットは何でしょうか。ここではそのメリットを説明します。

リスクを分散する

複数口座を持つとリスクが分散できるのがなぜかわかりますか。口座にお金がたくさん入っていると、相場の急変があった場合、ロスカットになる可能性があります。ロスカットになったとしても口座に残額が少なければそれが無くなって終わりです。

例えばひとつの口座に120万円預けた場合と、3つの口座に40万円ずつ分けた場合を比較します。相場が急変して120万円以上の負けになって場合、ひとつの口座では120万円のマイナスですが、みっつの口座に分けていれば、ひとつの口座の40万円のマイナスで済みます。

もちろん40万円ではロスカットされ、120万円ではロスカットされないということはあるのですが、なるべく口座にはお金を残さない方がリスク管理はできます。損切が上手な人の方が最終的に勝つことができますので、複数口座でリスクを分散することは賢い運用の仕方でしょう。

取引手法にって口座を分ける

FX取引も長く続けてくるとひとつの取引方法ではなく、スイング、デイトレ、スキャルピングなどの取引方法をいろいろと試したくなります。その時にひとつの口座だとすべての取引が一緒に行われるので、それぞれの取引の成績が見えにくくなります。

その点、取引方法で口座を分けてしまえば、どれだけ資金が増えているか、減っているかでその取引の成績がすぐに分かります。また別口座であれば取引ミスも減ります。他にも新しい手法を試すために別の口座を開設する人もいます。

またEAを運用したい人は別口座の方が管理しやすいです。その場合、ある程度、その口座は放置したままにすることができます。上手に複数口座を使い分けることで、全体的な収益は上がっていくのです。

7 XM口座開設後にトレードできるまでの5ステップ

XMは口座開設をすればすぐにトレードができるというわけではありません。口座開設をした後に取引ができるようになるには次の5つのステップが必要です。

ステップ1 口座の有効化をしましょう

「4 XM口座開設時に必要な書類は?」を参考にして、口座の有効化を行ってください。

ステップ2 3000円のボーナスを獲得

口座を有効化すると3000円のボーナスを獲得できます。自動で反映されますが、反映されているかどうか確認してみましょう。この時点で取引をしてみることもできます。

ステップ3 MT4をダウンロードしましょう

MT4をダウンロードします。MT5もダウンロードできますが、日本ではMT4を使っている人が多いこと、カスタムインジケーターはMT4の方が多いこと、日本で販売されている自動売買やサインツールはMT4でのみ動くことが多いので、MT4をおすすめします。

ステップ4 入金とボーナスポイントの確認

3000円のボーナスでもトレードはできますが、一般的には入金してからのトレード開始になります。入金方法はクレジットカード(VISA・JCB)、bitwallet、SticPay(masterCard)、ビットコイン、国内銀行送金があります。国内銀行送金は手数料もかかりますし、反映まで時間がかかるのでおすすめしません。

クレジットカードはマネーロンダリングの関係で使用が厳しくなっています。ビットコインも使っている人は小数でしょう。SticPayは入出金が便利ですが手数料がかかるのが難点です。そこで最もおすすめなのがbitwalletです。入出金の手数料も無料ですし、入金額の10%がボーナスとして付きます。入金即反映されますので、取引もスムーズに行えます。入金が終わったらXM Zero口座以外は入金ボーナスがありますので、確認してみましょう。

ステップ5 MT4の設定をして取引を開始しましょう

MT4をダウンロードして入金も確認したらMT4の設定をする必要があります。MT4に慣れている人は特に問題はありませんが、初めての人は操作方法を勉強してから取引をした方が無難です。すでに取引方法が確立している人はインジケーターをダウンロードするなら取引環境を整えてトレードをスタートしましょう。

8 XMリアル口座開設時に気になるQ&A

初めてXMで口座を開設する場合、疑問に思う点があるはずです。特に多いのが以下のような点です。

スマホでも口座開設手続きはできますか?

スマホでも口座開設はできます。ただ入力が大変ですので、パソコンでの入力をおすすめします。

電話やメールに連絡が来ることはありますか?

電話番号を登録しますが、電話が来たことはありません。メールには開設時にアカウント情報が送られてきますので、すぐに見ることができるメールアドレスを登録しておきましょう。また、それ以外にもXMから取引に関する情報が送られてきます。

住所を登録しますが何か書類が送られてきますか?

日本のFX業者の場合、登録した住所にログイン情報などが送られてくる場合がありますが、XMの場合はwebで完結していますので、書類が送られてくることはありません。

資産状況は調べられることがありますか?

資産状況を調べることはできないので、調べられないと思っても大丈夫です。ただし虚偽情報を記載するのはトラブルの元ですので、正確な資産状況を記載するようにしましょう。

出金方法は入金方法と同じですか?

入金方法については先ほど説明したのですが、出金方法は制限があります。海外FX口座の場合、マネーロンダリングを防ぐ目的で、入金額までは入金した方法での出金になるのが一般的です。XMのホームページでも以下のように説明されており、同じように入金額までは入金手段と同じ出金方法になります。

全当事者を不正行為から守り、マネーロンダリングおよび/もしくはテロリストへの資金供給の可能性を最小限に抑えるため、XMtradingは、以下の出金優先手続きに基づき、ご資金の入金元へのみ出金/返金処理いたします。:

  • クレジットカード/デビットカードへの出金。ご送付頂いた出金リクエストは、その際にお客様にてお選びいただいた決済方法に関わらず、カードによるご入金合計金額に達するまでこちらの決済方法にて処理されます。
  • クレジットカード・デビットカード合計入金額を完全に出金完了後、電子財布への出金が可能です。
  • 銀行電信送金等のその他のすべての決済方法は、上記2つの方法による合計入金額を出金しました後に、選択できます。

では入金額以上の利益を引き出したい場合はどうすればいいかというと、現在、海外送金のみになっていますので注意が必要です。海外送金の場合、手数料が2000円~4000円程度かかりますので、まとまった金額を引き出すようにしたほうが良いでしょう。

9 XMのリアル口座開設方法!これで審査に落ちない【マル秘テク】

XMは国内FX業者に比べて、審査に通りやすいと言われていますが、審査落ちした人も少なからずいます。XMで審査に落ちる原因として考えられるのが本人確認の部分と資産状況です。ひとつは住所登録が英語なので、住所登録のミス、次に多いのが提出書類のミスです。最後に資産状況です。ここではそれぞれどのように注意すればいいのか説明します。

住所登録のミス

XMの場合、英語で住所を登録する必要があります。簡単に言えば日本語と逆に書いていけばいいのです。つまり、マンションのような建物の名前と部屋番号(ある場合)、番地、町村、区、市、都道府県という順番になります。英語に自信がないという方はJuDressというサイトを使うこともできますが、住所を入力するのに抵抗がある方は、ご自身で考えてみましょう。

本人確認書類のミス

本人確認書類のミスにはいくつかあります。ひとつはその提出した書類が認められている書類の中に入っていない場合です。次に6ヶ月以内に発効されたものでない場合。最後に画像が見えづらいというものです。私も画像が見えずらいということで、口座が有効化されなかったことがあります。ただし、一回ダメで終わりということはありませんので、承認されるまで書類を提出するようにしましょう。

資産が少ない

資産が少ない場合は取引をする余裕が無いとみなされますから、口座開設ができません。資産を貯めてからもう一度申請してみましょう。XMの場合、資産さえあれば主婦でも学生でも口座開設ができますので、職業には関係ないということは覚えておきましょう。

まずは口座開設から始めてみましょう

これまでXMで口座開設をする前に知っておくべきポイントについて書いてきました。資産状況がしっかりとしていて、必要書類が揃っていさえすれば誰でも口座開設は可能です。それぞれの取引方法に合わせて取引口座の種類を選んでみましょう。

いきなり大きな金額を入金して大きな取引をするのは怖いという人もいるかもしれませんが、口座開設だけなら無料です。まずは口座を開設してみて、小額からトレードしてみてはどうでしょうか。国内FX業者と違って最低入金額が少なくて済むので、お試しでのトレードとしてもXMはおすすめですよ

最新情報をチェックしよう!
>XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

XMの口座開設で3000円ボーナスをゲット!

海外FX人気No.1のXMで口座開設して無条件でボーナス3000円をゲットしよう!入力は約2分程度で終わります。海外FX初心者ならまずXMで口座開設しましょう!当サイトから口座開設した方には9800円で販売中のサインツールを無料プレゼント中!